NEWS & TOPICS
ホーム > NEWS & TOPICS > 弊社社員執筆協力 『実践エンジニアリング・チェーン・マネジメント IoTで設計開発革新』が出版されました
  • 文字サイズ変更 
  •  
  • 文字サイズ(小)
  • 文字サイズ(中)
  • 文字サイズ(大)

NEWS & TOPICS

弊社社員執筆協力 『実践エンジニアリング・チェーン・マネジメント IoTで設計開発革新』が出版されました


 2017年8月10に日刊工業新聞社より
『実践エンジニアリング・チェーン・マネジメント IoTで設計開発革新』日野三十四著
が出版されました。本書籍作成にあたっては弊社社員もECM/MD研究会の一員として執筆協力をしています。
 ECM/MD研究会のリンクはこちらです [http://www.j-ecm-md-institute.jp/index.html]

【書籍の内容】
 現在、日本の製造業の経営戦略はほとんどが付加価値の高い製品へ転換する「事業構造の転換」ですが、 日本の製造業が目を向けるべきは製品の付加価値を高める「事業プロセスの変革」です。その手法の一つがIoTです。
 IoTは現在、図面が出来上がったサプライ・チェーン・マネジメント(SCM)領域のみを対象としており、 図面を作るまでの上流プロセス「エンジニアリング・チェーン・マネジメント」(ECM)領域が埒外です。
 本書籍では、SCM(サプライチェーン・マネジメント)を最大限機能させるため、設計・開発部門を効率化する エンジニアリング・チェーン・マネジメント・システムを整備し、「売れる製品の図面を、最少資源で、最短で」 アウトプットするシステムを構築する方法を唱える。

 第1章 設計根拠情報データベース
 第2章 設計開発知識ベース
 第3章 ビジネス情報と製品仕様のデータベース
 第4章 設計検証システム
 第5章 原価企画と原価維持
 第6章 設計文書編集システム
 第7章 ECM/SCM連携システム
 第8章 ECM事例

エンジニアリング・チェーン・マネジメント表紙画像
2017/08/25

page top